鹿児島県薩摩川内市にある 障害者支援施設 平成三十年度を迎えて 保護者へのお礼

お気軽にお問い合わせください。
TEL 0996-27-6780
FAX 0996-27-6781

おしらせ

ホーム » 平成三十年度を迎えて 保護者へのお礼
2018年04月01日 22:22

平成三十年度を迎えて 保護者へのお礼

 

                    平成三十年度を迎えて 保護者へのお礼

                                                    支援課長 皆吉 祐三

今年は早々と春を迎えたとともに、三月末からは晴天や高気温が続き、例年になく既に「初夏」とも言える気候になりました。

 その様な中、四月二日、例年同様川内なずな園開所式・お花見の行事が暑さを感じる中、川江公園にて盛大に行われました。公園の桜は既に満開を過ぎ新葉が萌え出してきており、例年になく早さを感じました。利用者の皆様は美味しいお弁当やカラオケを楽しんでおられとても良い笑顔が見られました。

 さて、川内なずな園は平成三十年度で十八年目を迎え、職員一同「月日が流れるのは本当に早いものだ。」と実感しているところでございます。この川内なずな園の十七年間を人間に例えますと、平成十三年四月一日元気よく産声をあげました後、首が座り、ハイハイが始まり、つかまり立ち、一人歩き、あっという間に高校卒業を迎え、胸を弾ませての就職。進学という時期、大きな「節目」に差し掛かったことになります。

 この一七年間、様々な訓練もありながら、職員が一丸となり「より一層」を目指し、相互に切磋琢磨しながら解決に向けて最大限の努力を積んできたつもりでございますが、職員の努力だけでは一八年目を迎えたことは出来なかったと考えます。そこには利用者様・保護者様・関係者の皆様方の多大なるご理解とご協力、叱咤激励があってこその歴史であると考え、年度初めを迎えるにあたり、心より感謝申し上げる次第でございます。

 更に、川内なずな園は一八年目という節目を迎えはしましたが、私達職員はまだまだ「よちよち歩き」の段階にあると捉え、新たに「より一層」を目指し、頑張ってまいりたいと思います。本年度もより一層のご指導・ご鞭撻、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

▲ページの一番上に戻る

© 2012 社会福祉法人 親和会 川内なずな園 All Rights Reserved.