鹿児島県薩摩川内市にある 障害者支援施設 川内なずな園の給食

お気軽にお問い合わせください。
TEL 0996-27-6780
FAX 0996-27-6781

おしらせ

ホーム » 川内なずな園の給食
2016年02月13日 13:47

川内なずな園の給食

 

給食について

川内なずな園の給食はひっとべ班が作った旬のお野菜がふんだんに使われています。その旬のお野菜をふんだんに使用していることが特徴であり自慢でもあります。

現在、園の食事は、朝、夕食45食、昼90食を提供させていただいています。そのうちの1/4刻み、極刻み食です。この他に噛み切れないような食品(肉、繊維質の野菜、弾力のある食品)は一口大に切って提供している方も10名以上いらっしゃいます。それに伴い支援スタッフが全介助、一部介助する方も増えてきています。年々、高齢化と比例するように咀嚼力の低下も見られる方が増え、刻む方が多くなってきているのが現状です。1月にはぜんざい等、餅を使用する料理がありましたが、高齢の方、咀嚼の難しい方には餅の代替品として5㎜四方の小さな白玉団子で対応させて頂くなど、普通食の方と出来るだけ近い内容となるようメニューによって様々な対応をしています。加えて、食器にすべり止めが付いていたり、持ちやすい食器に変えている利用者様も全体の1/4いらっしゃいます。その為、対応も年々複雑になってきており、間違いの無いように表にまとめたりして努力しています。

食事と健康管理は非常に密接な関係です。利用者様一人一人の好き嫌いの有無、食事摂取量等の状況把、年に2回ある健康診断、毎月の体重測定の結果や、疾患の有無などを参考にして定期的に食事内容の検討、見直しを行っています。それを反映させているのが栄養ケア計画書であり、栄養ケアマネジメントであります。この事について分からない事、ご質問がありましたらお気軽にお尋ねください。

また、毎年嗜好調査で利用者様の好きなメニュー、苦手なメニューの調査も行っています。月に一度、利用者様を交えての給食会議も行っていると同時に、給食会議に出ない利用者様からも担当スタッフが、要望を聞き取り、給食会議で検討、可能な限り対応をするようにしています。

毎月の誕生会、セレクトメニュー、弁当給食、行事食など利用者様にとって食事が

楽しい時間となるような工夫を行い、給食を楽しみにして頂けるよう引き続き、

給食部一同、力いっぱい取り組んで参ります。

 

▲ページの一番上に戻る

© 2012 社会福祉法人 親和会 川内なずな園 All Rights Reserved.