鹿児島県薩摩川内市にある 障害者支援施設 新年のごあいさつ

お気軽にお問い合わせください。
TEL 0996-27-6780
FAX 0996-27-6781

おしらせ

ホーム » 新年のごあいさつ
2015年01月02日 19:32

新年のごあいさつ

 

ごあいさつ                             

                                                                                                                                                        支援課長 皆吉祐三

新年あけましておめでとうございます。

昨年も園運営等につきまして、様々なご理解・ご協力を頂き、誠にありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、昨年末まで障害児・者に関する情勢は目まぐるしく変化してきております。大きなところでは障害者権利条約の批准、障害者総合支援法の制定、障害者差別禁止法の制定がありました。また、鹿児島県においては、障害のある人もない人も障害の有無に関わりなく、一人ひとりの人格と個性が尊重され、社会を構成する対等な一員として、誰もが安心して暮らすことができる鹿児島づくりを目的とし、「障害のある人もない人も共に生きる鹿児島づくり条例」が平成26年10月1日に施行されました。

様々な法令は「制定」が目的ではなく、制定されたところから法令に基づいた様々な検討・整理・改善が始まるというところに大きな意味があると私は考えます。川内なずな園もコンプライアンス(法令遵守)の徹底を図り、改善すべきは改善し、利用者様・保護者様・ご家族様、さらには地域社会の要請に少しでもお応えできるよう今後とも精進してまいりたいと思います。

また、昨年12月29日の保護者連絡会でもお伝えいたしました通り、平成27年の川内なずな園は、居宅支援関係の新規事業を立ち上げていくことを予定しております。具体的には居宅介護事業・行動援護事業・重度訪問介護事業をイメージし、現在、他事業所のご協力も頂きながら、事前の情報収集や諸検討を行っております。また、「短期入所事業(ショートステイ)」では現在の居室(男女各2床、合計4床)に加え、新たに男女各1床を増床し、合計男女最大6名の利用者様を受け入れられるよう準備を進めているところでございます(平成27年3月末日完成予定)。

更に、当園利用者様の高齢化や加齢に伴う様々な「力」の衰えも大きな問題となっております。

平成27年は乗り越えなければならない様々な課題が山積みになっておりますが、施設長以下全職員一丸となり、解決に向けて全力を尽くしてまいりたいと思います。

本年もなお一層のご指導・ご鞭撻、よろしくお願い申し上げます。

 

 

▲ページの一番上に戻る

© 2012 社会福祉法人 親和会 川内なずな園 All Rights Reserved.